八ッ場ダム問題で旧民主党議員に反省の言葉なし。

産経新聞によれば、台風19号に関連して八ッ場ダムの存在がクローズアップされている問題で、旧民主党議員の反応を次のように報道しています。

まず、福山哲郎氏については、「菅直人政権の官房副長官だった立憲民主党幹事長の福山哲郎幹事長は『台風対応に懸命に取り組まなければいけないのに、批判すること自体がナンセンス』と反論」とのことです。

次に岡田克也氏は、「副総理や外相などを歴任した岡田克也衆議院議員は『一つの事例を捉えて大規模ダムの建設を正当化するのは当たらない。それならば、すべてスーパー堤防にして、全部ダムを作ればいい』」と開き直っています。

鳩山由紀夫氏に至っては、「建設中止を決定した当時の首相で、政界を引退した鳩山由紀夫氏は、八ッ場ダムの効果を主張する声に『事実ではない』などと反論」と。八ッ場ダムの効果を否定する始末です。

考えられないことですが、もしも民主党政権が続いていたらと想像すると、恐怖ですね。政権交代して本当に良かったですね。

民主党(今の立憲民主、国民民主)の悪夢が浮かぶ。民主党政権時代に建設凍結した八ッ場ダム、利根川流域守る。

今日17日の産経新聞『八ッ場ダム  利根川流域守る、民主党政権時代に建設凍結』との見出しの記事を読ませていただきました。

「今回の台風19号では、民主党政権時代に建設凍結問題で揺れた八ッ場ダムが効果を発揮したと言えそうだ。赤羽国土交通省は16日の参院予算委員会で、下流の利根川で大きな氾濫を防ぐのに役立ったとの認識を示した」と。

民主党政権時代の国土交通大臣は前原誠司氏、思い出します。“コンクリートから人へ“という民主党政権のスローガンも頭に蘇ってきました。今一度話を聞きたいものですね。

「今回、利根川水系では栃木県内7河川9ヶ所で堤防の決壊が確認されたが、いずれも八ッ場ダムの下流ではない別の支流だった。赤羽国交相は16日の答弁で今年度中にダムを完成させる考えを強調。貯水量の大きさなどに触れ『利根川流域の住民の安全な暮らしに大きく寄与する』と述べた。京大防災研究所の角哲也教授(河川工学)は『今回初めて全く放流していないこともあって大きな治水効果を発揮した。流入量などの検証が必要だが、適切に行えば運用開始後も効果を発揮できる』と評価した」と続いていました。

さらに昨日の産経新聞の記事によれば

「立憲民主党の有志議員は、台風15号被害の拡大中にゴルフコンペを開催していたことが明らかになっている」との記事も掲載されていました。

雄弁な立憲民主党ではありますが、何故かダンマリを決め込んでいるようです。