大阪都構想の必要性について考える(97)。【教育・子育て】府市連携の取り組みで大阪は変わりました。この10年間の変化(3)。「大阪の改革評価」(大阪市)より。

「教育・子育ての分野については、学力テスト正答率が全国平均に近づきつつあり、待機児童数は着実に減少している」

 【全国平均との差の推移】

・「小学校の学力テストの正答率は、算数A、国語Aともに、全国平均との差を縮めている」。

                       2008年                  2018年

         算数A      98.6             ➡︎            99.8        (全国平均を100とすると)

         国語A      95.9            ➡︎             96.3

・「中学校でも、国語A、数学Aのいずれの正答率も、全国平均との差を縮めている」。

                     2008年                   2018年

         数学A     95.9           ➡︎           98.6         (全国平均を100とすると)

         国語A     95.8          ➡︎            98.2

【待機児童数】

「大阪市の待機児童数は一桁台まで減っており、待機児童ゼロも視野」。

                   2008年                    2018年

                        696人       ➡︎            65人                

811FE691-FF0D-4DB7-B24D-F13E2A0FDBA3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です