大阪都構想の必要性について考える(95)。【経済】府市連携の取り組みで大阪は変わりました。この10年間の変化。『大阪の改革評価』(大阪市)よリ。

大都市税財政制度特別委員会での『大阪の改革評価』に関する質疑から。

①「景気動向指数や開業率、オフィス空室率などの指標で改善が見られており、商業地価も高い上昇率を示している」との答弁がありました。実際の数値は以下の通りであります。

【景気動向指数】

                               2008年                        2017年

                                   97.3              ➡︎          123.5

        「2018年8月の直近値は130.9で、全国平均より15.7ポイント高い」。

【開業率】

                                2008年                       2017年

                                   4.4%             ➡︎              6.4%

                「2016年、2017年は三大都市で最も高い開業率となりました」。

【オフィス空室率】

                                2008年                       2017年

                                  6.82%         ➡︎                3.68%

                「2018年10月の直近値は2.96で東京に近似となりました」。

【商業地価】

「市場の動向に呼応し、商業地価は他都市を凌ぐ上昇率を示し、人口の都心回帰も堅調」。

C3B3003F-F4A0-43EB-98AD-66CBDA328D45

IMG_3933

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です