今、注目の共産主義について考える(120)。中国共産党の独裁。産経も新疆自治区の実情を報じる。

 平成30年9月1日付産経新聞は、

「スイス・ジュネーブで8月に開かれた国連の人種差別撤廃委員会で『100万人以上が新疆ウイグル自治区の再教育施設に強制的に収容されている』と米人権活動家らが指摘」との書き出しで始まる。

「日本在住のウイグル族も、故郷の親族の安否を心配しながら過ごしている。関東在住の40代のウイグル族女性は昨年9月、新疆にいる弟が再教育施設に連行されたと連絡を受けた。1ヶ月たっても弟は帰って来ず、故郷にいる母親が問い合わせても、警察は《わからない》と繰り返すばかり。8ヶ月がたったころ、急に警察から『心臓病で亡くなった』と母親に連絡が入った。『母は泣きながら何度も警察に問い続けたようです。《なぜ連れて行かれたのですか。何の罪があったのですか》と。しかし、警察は何も答えてくれなかった』と女性は涙を浮かべる。弟の遺体の引き取りは断られ、死因の再診断も許されなかった」。「女性は、弟が毎週、イスラム教徒にとって大切な金曜礼拝に通っていたことが、連行の原因ではないかと考えている」という。

我々の想像を超えた”現実”が伝えられています。中国共産党独裁政権による大規模で残酷な人権弾圧です。決して許されることではありません。日本の他の新聞やテレビも産経新聞のように勇気を持って新疆自治区で行われている人権弾圧の真実を報道すべきです。

 

IMG_6148

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です