今、注目の共産主義について考える(117)。共産党独裁について考える。習近平国家主席「米軍に比肩する、世界一流の軍隊を今世紀半ばまでに建設する」。

米国防総省の年次報告(平成30年8月16日発表)によると、中国は外洋作戦能力を強化し、2020年には海兵隊を現在の3倍にするという。

「米国防総省は16日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。敵前上陸などを担う陸戦隊(海兵隊)について、現状の約1万人規模(2個旅団)を2020年までに3万人以上(7個旅団)まで拡大させるとの見方を示した。陸戦隊には新たに遠征作戦などの任務も付与されるとしており、台湾の軍事的統一や尖閣諸島の占拠などを視野に兵力を拡大させている可能性がある」。

「米軍に比肩する世界一流の軍隊を今世紀半ばまでに建設する目標を掲げ、世界の海域を舞台にした覇権争いも視野に入れている」。

「陸戦隊は本来、台湾海峡有事や東・南シナ海など近海での紛争を想定した部隊だが、中国が広域経済圏構想、一帯一路をテコに海外権益を拡大させる中、海上輸送路の確保など、外洋での作戦能力向上が急務となっている」。

「また、中国海軍が軍事プレズンス拡大に向けて最も力を入れているのは、空母打撃群の構築。国産空母だけでなく、排水量1万トン超の大型駆逐艦も急ピッチで建造を進めている」。

と、産経新聞は米国防総省年次報告書の概要を紹介しています。

今も軍事大国であり、さらに今世紀半ばには米国に比肩する軍事力を保持しようとしている中国。台湾の軍事的統一や尖閣諸島の占拠まで視野に入れているという。しかし、このような中国の軍事力増強にはまったく、ものを言わない日本の新聞(産経は除く)やテレビ。米軍や自衛隊については大騒ぎするのに、中国の軍国主義に関してはだんまりを決め込んでいます。中国の人権侵害問題につてもだんまりです。この異常さは何なんだろうか。背後で共産主義という思想を通じて、中国共産党と繋がっているかのようで、恐怖を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です