今、注目の共産主義について考える(115)。共産党独裁について考える。映画「プーと大人になった僕」、中国政府公開禁止。

「 米デイズニーが手がけた人気キャラクター『くまのプーさん』の実写版映画『プーと大人になった僕』について、中国政府が国内での公開を認めなかった。米紙ロサンゼルス・タイムズなどが報じた」。

IMG_6070

 

(産経新聞掲載、ロサンゼルス、共同 )

「米メディアによると、中国側は理由を明らかにしていないが、プーさんは体形が習近平国家主席に似ていると言われ、過去にも検閲対象になった。今回も同様の理由との見方が強い。中国国内でプーさんは、民主派などが習氏を指す隠語としても使用されている」との報道がありました。

このような理由で??。それにしてもいつもは元気な“日本の一部マスコミ“や“いわゆる言論人“の静寂は不気味ですね。背後に何かあるのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です