大阪都構想の必要性について考える(79)。都構想が実現すれば、10年間で1兆円を超える効果が生じるとの調査結果(嘉悦大学付属経営経済研究所)。

大都市制度の経済効果に関する調査結果報告(嘉悦大学付属経営経済研究所)が平成30年6月29日付でありました。その概要を紹介します。

《本調査結果における政策的意味》

(1)府市の連携の強化の程度は財政効率化や経済効果に影響を与える。

基礎自治行政の財政効率化効果として、総合区では、10年間で3億円から712億円、特別区では1兆1040〜1兆1409億円の効果が生じるとの結果を得た。

政策効果分析による経済効果については、意思決定の迅速化による社会資本整備の進展の効果として、交通インフラをモデルにした場合、総合区であれば、指定都市都道府県調整会議による協議の実現性、期間をこれまでの府市協議の実績から導くことで、ゼロから4218億円の効果。特別区であれば、広域機能が一元化され、協議の必要性がなくなることで、速やかな意思決定のもと迅速に社会資本整備が進むとして、4867億円の効果が生じるとの結論を得た。

マクロ計量経済モデルにおいても、総合区、特別区それぞれの効率化によって生み出される財政資金をもとに、社会資本整備による限界生産力を加味し、生産波及効果を含めると、総合区で853億円、特別区で最大1兆1511億円の効果との結論になった。

(2)理論的には、制度のリフォームとデザインには改革に伴うコストが異なることには注意を払う必要がある。本報告では、そうした側面の検討は行なっていないが、その点を考慮したとしても、大都市制度の議論を深めていくことには大きな意義があるものと考える。

(3)制度改革により生み出される財政資金を効率的な公共投資・社会資本蓄積に投じることにより大都市としての機能向上を図ることができれば、本報告書で示した経済効果に加えて、現在に至るまでに東京が実現した民間資本へのグラビティ効果(引付効果)がより大きく発生する可能性が期待できる。

以上、今回の調査結果からは、大都市制度の選択が経済効果に結びつくものであること、また、選択の内容によってその効果に差異が生じることとなっている。今回の報告書が今後の大都市制度改革に関する議論に資するものとなれば幸いである。

IMG_5966

以上。 

しかし、新聞、テレビをはじめマスコミはあまり取り上げないでしょうね。残念ながら予測されます。あまりにも情けないですよね。大切な真実を報道しないマスコミの現状は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です