夜間の自転車盗難監視委託について

掲載日 2010年08月10日

各区における夜間の自転車盗監視委託業務の概要

1.事業目的 本事業は、街頭犯罪総数の減少に向けて、重点的な自転車盗対策として、夜間駅周辺において2名1組による警戒員による自転車盗抑止パトロールと犯罪被害防止啓発活動を実施するものである。
   
2.受託業者 暁警備保障 株式会社
   
3.警戒時間 夜間17時から23時まで
   
4.警戒区域 市内駅周辺区域
   
5.業務内容 巡回及び立番による
  ・不審者などの警戒活動 ・自転車利用者の鍵の抜き忘れなどを見つけた場合の注意喚起 ・放置自転車禁止の注意喚起 ・啓発用ちらし配布などの啓発活動 ・必要に応じての自転車整理    など
   
6.監視体制 107名を犯罪発生状況などに応じて各行政区単位で配置
  (新規雇用予定 82名)
   
7.配置人員 (1)北、都島、中央、浪速、鶴見、淀川、東淀川、住吉、東住吉、平野、西成の11区
  各区6名(3組x2名)
  (2)西、旭、天王寺、城東、生野、阿倍野、住之江の7区
  各区4名(2組x2名)
  (3)福島、港、此花、大正、西淀川、東成の6区
  各区2名(1組x2名)
   
※ 「各区における夜間の自転車盗監視委託業務」は国の緊急雇用創出基金を活用し、市内で発生する街頭犯罪の中で大きな割合を占める自転車盗を減少させるた め、自転車盗難が多発するエリア・時間帯において、自転車盗の監視活動や自転車盗難に対する注意喚起を行うもので、今年度におきましては、以上のとおり業 務を実施いたします。



 
 



市政トピックス年代別メニュー

メニューを開閉させる

2015年

大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る