9月1日から要望等記録制度がスタート

掲載日 2006年08月24日

大阪市に寄せられる要望等を記録し、組織として徹底するとともに、
その要望内容と対応状況を公表します。
市民の皆さんからの要望は、きっちり受けとめ記録し、その内容と対応を公表します。

制 度 の 流 れ

記録 市民の皆さんからの要望は内容を担当する課等で記録します。
記録にあたっては次のものは本制度の対象外となります。
◆すでにその他の制度で記録しているもの ◆単なる問合せ、相談、情報提供であるもの
たとえば
「市民の声」に記録されているもの
(意見、苦情などは、「市民の声」で記録します)
たとえば
○○はいつからですか。
○○手当てが受給できる対象範囲を教えてほしい。
○○公園のトイレが故障していた。
なお、皆さんからの要望等を正しく把握するため、記録した要望等の内容に誤りがないか皆さんに確認を行いますので、ご協力をお願いします。


公表
記録した要望等については、皆さんからの要望等と本市の対応方針の概要を公表します。

*ただし、個人情報や個人または団体の活動を制約するものは公表しませんので、ご安心ください。


*本制度で対象となる要望等を示しています(不正・不公平な要望は拒否しますが、執拗な場合は、「職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例」に基づき対応します。)




市政トピックス年代別メニュー

メニューを開閉させる

2015年

大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る