世界初、慢性疲労外来を開設―大阪市立大学医学部付属病院―

掲載日 2005年07月07日

 近年多忙な生活によるストレスなどにより、慢性的に疲労を感じる人が増えています。また疲労が原因で日常生活に支障を来す慢性疲労症候群の患者が増加傾向にあり、早急な治療方法の開発が求められています。

 このような状況を受け、大阪市では、先月、慢性疲労症候群の検査、治療を専門に行う慢性疲労外来を私立大学医学部付属病院に開設。他の診療各科と連携を取りながら診療、治療を行います。

<慢性疲労外来>

診療日………毎週木曜
初診受付時間…9時00~0時30
※ 原則として医師の紹介状が必要です。

<慢性疲労相談外来>

診療日…………毎週火曜
初診受付時間………9時00~10時30



市政トピックス年代別メニュー

メニューを開閉させる

2015年

大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る