報道ステーションSP 2012年3月11日 古館が語った決意

掲載日 2012年4月12日

 この番組を約2時間半にわたってお届けしてまいりました。今テレビをご覧の皆様、私はこの番組に関して2つ後悔することがあります。1つ目は、牧場の主の方に何とか無理を言ってでも、あの牛の墓場を撮影して、皆様にお届けすべきであったと、今考えています。

 私たちは、物を食らって生きています。しかし、その生き物が育てられている現場、その現場で今大変悲惨なことが起きている。それをテレビは避けずに、直視して、皆様に見てくださいという勇気をもつべきだと、今後悔しています。

 そして2つ目の後悔は原発に関してです。報道ステーションではスペシャル番組として、昨年の12月28日の夜、原発の検証番組をお届けしました。津波で 原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部、第一原発のどこかが損壊していたのではないかという、その追求をしました。今回のこのスペシャル番 組で、その追求をすることができませんでした。原子力村という村が存在します。都会はこことは違って、まばゆいばかりの光にあふれています。そして、もう 一つ考えることは、地域で主な産業だけではなかなか暮らすのが難しいという時に、その地域が分断してまで、積極的に原発を誘致してきた、そういう部分が あったと思います。その根本を徹底的に議論しないといけないのではないでしょうか。私はそれを強く感じます。そうしないと、いま生活の場を根こそぎ奪われ てしまった福島の方々に申し訳が立ちません。私は日々の報道ステーションの中で、それを追求していきます。もし、圧力がかかって番組を切られても、私はそ れはそれで本望です。

 また明日の9時54分に皆様にお会いしたいです。おやすみなさい。
 

議会報告 年代別メニュー

メニューを開閉させる
大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る