自民党・公明党で市長に緊急申し入れ H20.1.30

掲載日 2008年2月2日

大阪市長  平松 邦夫 様
平成20年度大阪市予算編成に関する緊急申し入れ

 平成20年度大阪市予算編成に関しましては、重要な施策の実現に向けて、すでに自由民主党・市民クラブ大阪市会議員団、公明党大阪市会議員団の両会派よりそれぞれ要望を行ったところである。

 今回、とりわけ緊急性かつ重大性の高い項目に関して、以下のとおり取りまとめので、予算の編成にあたり実現を図られるよう申し入れるものである。
(1) 市政改革基本方針にもとづいき市政改革を進めるとともに、市長の改革案を明確に示されたい。
(2) 旧同和対策事業の見直しを着実に進めるとともに、労働組合とは、より適正な労使関係の確立に向け、新たな取り組みされたい。
(3) 私立幼稚園の就園補助等の公私間格差の是正を図られたい。
(4) 乳幼児医療費助成制度については、入院医療費の自己負担助成を小学3年生までの現行制度の対象拡大を図られたい。
(5) 妊婦検診無料化の大幅拡充と出産育児一時金の増額及び受取代理制度の導入を図られたい。
(6) 市営交通敬老優待パス制度の継続と高齢者福祉施策の充実を図られたい。

以上

平成20年1月30日
自由民主党・市民クラブ大阪市会議員団
幹事長 新田 孝

公明党大阪市会議員団
幹事長 小笹 正博


議会報告 年代別メニュー

メニューを開閉させる
大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る