此花区民ホールアスベスト対策のため当分の間ホール部分の使用停止
大阪市立此花区民ホールにおけるアスベスト調査結果について?大阪市市民局?

 大阪市市民局では、平成7年度にアスベストの吹き付け作業が禁止されたことから、平成8年度以前に建設した区役所敷設会館について、アスベストを含有する吹付け材等の使用の有無について調査を行っておりますが、このたび大阪市立此花区民ホールの一部において、アスベストを含有する吹付けロックウールを使用していることが判明しました。

 このため、利用される方々の安全面を最優先する必要があるため、当該部分の使用を停止し、対策工事をおこなうことといたします。しかしながら、工事には相当期間を要するため、当分の間、ホール部分の使用を停止することといたします。

 なお、あわせて実施しました空気中濃度の測定では、世界保健機構(WHO)の環境保健クライテリアに比べて充分に低い濃度であり、健康に影響を及ぼすものではない結果となっています。


1
吹付けアスベスト使用が検出された施設
(1) 施 設 名 大阪市立 此花区民ホール
(2) 所 在 地 大阪市此花区四貫島1?1?18
(3) 使用停止箇所 ホール
(4) 使用停止外箇所 空調機械室

【 参考 】
1.検出アスベスト種別        クリソタイル(白石綿)
2.空気環境測定調査結果
(1) ホール内照明操作室 0.28本/リットル
(2) ホール内音響機器操作室 0.28本/リットル
(3) ホール内ステージ  0.28本/リットル
(4) ホール内客席中央 0.56本/リットル
* 世界保健機構(WHO)の環境保健クライテリア
1?10本/リットルであれば健康リスクは検出できないほど低い。
大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る