BCG予防接種問題について中山健康福祉局長より報告がありました。

平成17年10月18日
市会議員各位

健康福祉局長 中山 芳樹

BCG予防接種に使用したワクチンの検査結果について

 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素は、健康福祉行政に格段のご配慮とご指導を賜り、厚くお礼申し上げます。
 平成17年9月15日、此花区保健福祉センターで行われた定例のBCG予防接種において、冷蔵庫の異常により適正な状態(10度以下)で冷蔵保存されていなかったワクチンが使用されました。
 そのため、同じ状態で保管されたいたワクチンの効力(力価)を(財)結核予防会結核研究所に検査依頼しておりましたが、17日に「標準ワクチン製品と比較して力価の低下は起こっていない。」という報告がございました。
 また、その内容を製造元である日本ビーシージー製造(株)にも確認しましたところ、「結果は正常の範囲内。」と回答でございました。
 本市としましては、再度のBCG接種は要しないものと判断し、このワクチンの接種を受けられましたお子様の保護者の方々には、今回の不手際についてあらためて深くお詫びするとともに、検査の結果とBCGの再接種を要しないご説明に参ります。
 今回のことを受け、薬剤の保管について万全を期するよう徹底をいたしましたが、今後、二度とこのようなことが起こらないよう努めてまいります。


大内けいじ|オフィシャルサイト|上部へ戻る